過酸化水素点滴療法とは

(Hydrogen Peroxide i.v. therapy)

過酸化水素点滴療法(H2O2点滴療法)の歴史

 歴史

過酸化水素が医療に最初に用いられたのは、1920年、イギリスの内科医である T.H.Oliverが、当時、致死率が80%以上あったインフルエンザの患者25人に対して過酸化水素の点滴治療を行い、48%まで致死率を改善したのが始まりと言われています。

アメリカでは、1960年代よりBaylor University Medical Centerにてがん治療に対する大規模な研究が行われ、医師たちは少量の過酸化水素の点滴は副作用が少なく、しかも高圧酸素療法と同等の体内の酸素化効果が得られることを発見しました。また、放射線治療と併用する場合、がん細胞の酸素化に有効であり、狭心症などの心筋虚血にも効果があり、さらに動脈硬化のプラークを除去する作用があることを発表しました。

Charles H. Farrは、過酸化水素療法を含めた、近代酸化療法の父と呼べる研究者であり、酸化療法を医学的、科学的に研究し多数の文献、書籍を残しています。彼は1993年にはノーベル医学賞にノミネートされています。

過酸化水素点滴療法(H2O2点滴療法)の治療方法・頻度、適応症

 方法

3%の点滴用のHydrogen Peroxide を5%のブドウ糖液に混注し、プロトコールに従って末梢静脈から点滴投与する。投与には十分な時間をかけて行う。使用するH2O2の量は、効果を診ながら段階的に増量する。

 適応症

1.  呼吸器疾患 (COPD, 気管支喘息、肺気腫)
2.  ウィルス感染 (単純ヘルペス、帯状疱疹、HIV、インフルエンザ、EBウィルス、サイトメガロウィルス)
3.  細菌感染症 (急性、慢性)
4.  真菌、カンジダ感染症
5.  片頭痛、群発頭痛、血管性頭痛、側頭動脈炎
6.  脳血管疾患、アルツハイマー病、パーキンソン病
7.  循環器疾患 (狭心症、不整脈、末梢動脈疾患)
8.  2型糖尿病
9.  多発性硬化症、慢性関節リウマチ、エリテマトーデス
10.転移性がん、悪性リンパ腫、神経芽腫
11.慢性疲労症候群

 治療頻度

慢性疾患の場合には、1週間に1回、肺炎等の急性感染症の場合は、毎日1回、症状が改善するまで、1回から約20回までの範囲で投与する。患者の症状に応じて増減する。(Dr.Farr)

作用機序、作用と禁忌など

 Hydrogen Peroxide の作用機序、作用

1. 点滴にて投与されたH2O2は、当初体内で血漿と白血球のカタラーゼと直ちに反応して、
H2Oと酸素に分解されるが、この反応で産生される酸素の量はごく少量である。
2. H2O2は、一方で赤血球膜に侵入して、2,3DPGを活性化することで、酸素乖離曲線が右方移動するため、
点滴投与により、遊離酸素が持続的に増えて、持続的に体内が酸素化される。
3. インシュリン様作用により糖代謝を促進する。
4. 同時にATP産生を増加させる。
5. H2O2が、細菌やウィルスを直接殺菌する。
6. 単球、マクロファージ、ヘルパーT細胞の働きを活性化する。
7. 血中のコレステロールと中性脂肪を減少させる。
8. 肺胞の血流を増加して酸素化を促進、壊死、障害組織を除去する。
9. プロゲステロン、サイロキシンなどのホルモンの産生を促進する。

他説として、点滴開始後のH2O2は、直ちに血中にてカタラーゼと反応して、H2Oと一重項酸素になり、これが初期の主なメッセンジャーとなる。H2O2の一部はチトクロームCと結合して複合体となり全身の細胞に行き渡り、治療後半は、H2O2が、この複合体によりH2Oと一重項酸素になる。という説もある。

 禁忌

1. G6PD欠損症
2. 甲状腺機能亢進症
3. 妊婦

 注意事項

・かならず点滴用に調剤された3%の製品を使用してください。輸送と保存は必ず冷蔵にて行ってください。(アメリカでは、経口用の高濃度のHydrogen Peroxide を希釈して、マイクロフィルターにかけて、点滴投与している医師が居るようですが、品質が不安定で、異物が混入する可能性を否定できず、お勧めできません。)

・生理食塩水にHydrogen Peroxideを混注するのは、次亜塩素酸を発生する可能性があり、適切ではありません。(Bocci)

・また、点滴する時は、金属製の翼状針は使いません。Hydrogen Peroxideが、翼状針のステンレスに含まれる鉄を触媒として、Hydroxy radical が発生する可能性があるからです。(Bocci)

・アメリカでは、ビタミンやミネラル,アミノ酸、EDTA,ヘパリン等を混注する医師がいます。しかしH2O2は、Free radicalではありませんが、活性酸素であり反応性が高く、点滴バッグ内でどんな反応を起こすか判りませんので避けたほうがよいでしょう。(Dr.Farr)

・Hydrogen Peroxideの速すぎる点滴速度は、血管内皮細胞を障害し血管にダメージを与えます。プロトコールに従って、十分時間をかけてください。

・血管痛が発生した場合は、点滴速度を遅くするか、疼痛部を温めてください。また、なるべく太い静脈を使用してください。なお、疼痛が強い場合には、適量の塩化マグネシウムを添加して下さい。

日本酸化療法医学会 会長
渡井 健男

(以上)

※本内容を、論文に引用、ホームページで紹介するなど希望される際は、事前に事務局まで御連絡ください。