認定医になるには

認定医制度

 

目的 :
高い知識と技能をそなえた医師の育成と研鑽を図ることにより、医療に貢献することを目的とする。
 

全体像 :
以下の3種類の治療法に対して、認定医制度を設けます。
 
1.オゾン療法認定医
2.血液バイオフォトセラピー認定医
3.H2O2点滴療法認定医
 
当会主催の酸化療法セミナーの出席・発表(10単位)と症例報告(5例)によって、認定される。
それぞれの認定医ごとに、この単位取得と症例報告が必要です。
 
■更新要件
3年ごとに、以下の単位取得及び症例報告を更新要件といたします。
単位:1単位
症例報告:5例

※認定医の申請書のはこちらに


■認定証
 
    オゾン療法認定証                血液バイオフォトセラピー認定証
 

 
■単位取得の方法
 
1.酸化療法セミナーに出席する
2.酸化療法セミナーで発表する
3.酸化療法セミナーのDVDで独学する
 
※セミナー出席による単位取得上の注意点
開催日に行われるすべてのプログラムを真摯に受講頂くのが要件です。
遅刻・早退・途中退席があった場合は、単位の付与を行いません。
受講態度不良の場合は、ご注意申し上げ、それでも改善していただけない場合は、単位の付与を行いません。

※単位を証明する書面の保管、単位取得の進行の管理は、先生ご自身にて責任を持ってお願いいたします。当会では認定の要件を満たした旨の通知は行っておりません。

※症例報告の書式等は事務局にお問い合わせください。
 
◆1.酸化療法セミナーに出席する
例)2011年3月27日に出席する 
オゾン療法認定医   2単位
血液バイオフォトセラピー認定医       2単位
H2O2点滴療法認定医 2単位
(3月27日は上記すべての治療法に関する講習が行われますので、上記すべての単位が得られます。)
 
 
◆2.酸化療法セミナーで発表する
例)2011年3月27日で発表者として登壇する 
オゾン療法に関する発表 4単位
血液バイオフォトセラピーに関する発表 4単位
H2O2点滴療法に関する発表 4単位
(※ これらのうち、発表内容に含まれる治療法の単位が取得できる。ただし1回のセミナーで取得できる単位の上限は4単位となります。つまり、単位の取得は(発表の単位:4)+(出席の単位:2)=合計6単位ではなく、4単位になります。)
 
 
◆3.酸化療法セミナーのDVDで独学する
例)2011年3月27日の酸化療法セミナーDVDを購入し、学習する
オゾン療法認定医 1単位
血液バイオフォトセラピー認定医       1単位
H2O2点滴療法認定医 1単位
(※ 同日に出席・発表した方がDVDを購入し学んでも、単位として認められません。また、DVDのみで取得できる単位は8単位までです。最低1回はセミナーに参加する必要があります。)


認定医申請書

認定医申請書については、こちらのページよりダウンロードをお願い致します。
 

お問い合わせ


各種お問い合わせは、以下のメールにて受け付けております。

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...