2013年度活動報告

2013年度

10月 第6回酸化療法セミナーを開催しました。

今回のセミナーでは、日本サンダーライト研究会 会長 伊藤丈夫先生のご講演など、新しい分野における
発表がございました。



また、他学会の先生のご協力の下、オゾン注腸法やオゾン水の炎症に対する効果の発表など、オゾン療法についてのさらなる理解・研究の場となりました。



研究会の先生方のご講演では、オゾン療法(酸化療法)の各分野での効果の検証など、オゾン療法の新たな可能性が広がりました。



渡井先生のご発表では、新たな治療法のご紹介もあり、非常に内容の濃いセミナーとなりました。

■プログラムおよび講師:
 
第一部 基礎セミナー
1.『酸化療法の基礎と臨床』『酸化療法の各論』
  講師:渡井健男先生(日本酸化療法医学会 会長)
 
第二部 アドバンスセミナー
1.『オゾンの抗炎症作用』  
  講師:後藤博先生(後藤外科胃腸科肛門科医院 院長、日本医療・環境オゾン学会理事)
 
2.『-UVCパルス照射による新がん治療法の開発-選択的腫瘍殺傷治療法』
  Development of a New Cancer Therapy by the Ultra Violet C Pulse (Thunder Light) Irradiation, Selective Tumor Cell Killing Therapy
  講師:伊東丈夫先生(日本サンダーライト研究会 会長)
 
3.『大量自家血液オゾン療法における動脈硬化に及ぼす影響』 
  講師:大田和弘先生(おおた内科消化器科クリニック 院長)
 
4.『血液クレンジング療法における自律神経への影響』 
  講師:長谷川恭弘先生(はせがわ整形外科クリニック 院長)
 
5.『歯科治療による血中エンドトキシン定量値の変化と血液フォトセラピーによる影響』 
  講師:新福泰弘先生(インペリオクリニック 院長)
 
6.『小動物における酸化療法(腫瘍を中心として)』 
  講師:川島一彦先生(あいの動物病院 院長)
 
7.『新しい酸化療法の提案 Green Tea EGCG(エピガロカテキンガレート)点滴』  
  講師:渡井健男先生 (日本酸化療法医学会 会長)

(開催時のご案内はこちら)


3月 第5回 酸化療法セミナーを開催しました


血液バイオフォトセラピーのハンズオゾンセミナーの様子です。
非常に多くの先生が興味を持たれた様子でした。





おおた内科消化器科クリニック 院長 大田和弘先生にオゾン療法認定医・血液バイオフォトセラピー認定医の認定証の表彰が行われました。


■プログラムおよび講師:

第一部 基礎セミナー
1.『酸化療法の基礎と臨床』『酸化療法の各論』
 講師:渡井健男先生(日本酸化療法医学会 会長)

第二部 アドバンスセミナー
1.『
全身疾患リスクを持つ歯周病患者への血液オゾン療法の症例報告
  講師:
新福泰弘先生(インペリオクリニック 院長)

2.
『血液バイオフォトセラピー及びH2O2 点滴の実演』ハンズオンセミナー
  講師:渡井健男先生(日本酸化療法医学会 会長) 古田一徳先生(ふるたクリニック 院長)

3.
『下肢蜂窩織炎に対する直腸注入オゾン療法の有用性』
  講師:古田一徳先生(ふるたクリニック 院長)

4.
『オゾン療法が著効した各科難治性疾患について』
  講師:日下史章先生(日本医療・環境オゾン学会理事(臨床研究部会長))

5.
『オゾン療法前後の血糖値検査 検討の試み』 
  講師:松浦麗子先生(松浦医院 院長)

6.
『大量自家血液オゾン療法の末梢循環、酸化ストレスへの影響』 
  講師:
大田和弘先生(おおた内科消化器科クリニック 院長)

7.
『医療用オゾン水のオゾン濃度についての検討』
  『血液バイオフォトセラピーにより著効した臨床例の提示』 
  講師:渡井健男先生(日本酸化療法医学会 会長)

(開催時のご案内はこちら)

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...