血液クレンジング施術クリニック 北陸・甲信越

血液クレンジング施術クリニック一覧 北陸・甲信越地方


血液クレンジング(オゾン療法)は以下のクリニックで施術されています。
当会の会員で、認められた研修を収めた医師の管理下で施術が行われています。



■北陸・甲信越地方 クリニック一覧 (2013年8月1日 現在 2医院)
 
浦田クリニック
理事長 浦田 哲郎
〒937-0805 富山県魚津市本江1丁目26番地
TEL:0765-22-5033
 
 

此花町浦田クリニック
院長 納藤 眞生
〒920-0852 石川県金沢市此花町2-8

血液クレンジング(オゾン療法)について


血液クレンジング(オゾン療法とは)



オゾン療法とは、ヨーロッパで主に行われているオゾンガスを用いた様々な治療法の総称です。
大量自家血オゾン療法(血液クレンジング療法)では、100~200ccの血液を脱血し、そこにオゾンガスを混合、オゾン化した血液を体の中に戻すという療法です。

英国のエリザベス女王の母クィーンマムは、週に2回オゾン療法を受け、大きな病気をすることも無く、長生きしたのでイギリスでもオゾン療法が注目され、新聞記事にもなりました。
 

さらに詳しく血液クレンジング(オゾン療法)について知りたい方はこちらをご覧ください。









 

血液クレンジング(オゾン療法)におけるオゾン投与方法

ステップ1

100~150mlの血液を採取します。採取した血液は、大抵どす黒い色をしています。



ステップ2

一定量の医療用のオゾンを血液に加えます。
オゾン量は、多すぎても少なすぎても良い結果を得られません。投与後に代謝と免疫系を活性化するために、もっとも効果のあるオゾンの量を、正確に測定して投与します。

血液とオゾンが反応すると、どす黒い血液が一瞬で鮮やかな赤に変色します。


ステップ3

オゾンで活性化された血液を、そのまま戻します。これだけで、冷え症の方などは、治療の最中から体中がポカポカと温まるのを実感して頂けます。
また指先や足先まで身体全体に酸素を行き渡らせる効果があるので、脳と目にも酸素がいきわたり、治療をしている最中に視界がクリアになります。
個人差はありますが、1回の治療でも十分に効果はあります。

健康を持続させたり、老化予防(アンチエイジング)、疲労回復等が目的の方は、1~2週間に1度の治療を続けることで、効果が維持できます。
癌の術後やウィルス性の疾患の方で免疫力向上目的の方は週に1~3度の施術が必要です。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...