マドリード宣言

マドリード宣言 第2版(翻訳:渡井健男先生)公開のお知らせ

マドリード宣言 第2版 が公開されています。今回より有償での提供になっています。

ISCO3
http://isco3.org/madrid-declaration-2nd-edition/

aepromo
http://aepromo.org/en/madrid-declaration-on-ozone-therapy-2nd-edition/

渡井健男先生が、第1版(2010年)及び第2版(2015年)について、英語から日本語へ翻訳を行われました。


ご参考:
当会は、ISCO3 Roberto Quintero 氏より、以下の公式な承諾を得ています。

You are authorized to write down in your web site the following:
The Madrid Declaration on Ozone Therapy in Japanese (electronic vesion) is now available at:
http://aepromo.org/en/madrid-declaration-on-ozone-therapy-2nd-edition/
Dr.Takeo Watarai has translated the 1st. (2010) and the 2nd. (2015) editions of the Madrid Declaration on Ozone Therapy from English into Japanese.

無償頒布


当会は、当会の費用負担にて、下記の先生方にマドリード宣言を無償で提供しています。
随時ご案内させて頂いておりますが、お急ぎの先生は事務局までご一報ください。

 

  • 指導医
  • 血液クレンジング療法(オゾン療法)認定医
  • 2016年6月1日以降に、血液クレンジング導入時講習を修了された医師
  • 第11回酸化療法セミナー参加者(医師、歯科医師) 

 

日本酸化療法医学会 事務局

掲載日:2016(平成28)年6月13日

 

以下は、第1版が公開された当時の案内文です。参考のため掲載いたしました。


2010年6月にV.Bocci 教授を中心とした、各国のオゾン療法のエキスパートが集まるAEPROMO(Spanish Association of Medical Proffesionals in Ozone Therapy)において、最新のオゾン療法の世界標準プロトコールを採択。これを「マドリード宣言」として発表しました。

 
AEPROMOの会長であるDr.Adriana Schwarts 氏、V.Bocci教授から、日本酸化療法医学会に対して「マドリード宣言」の受託の要請があり、当研究会としても、これを受け入れ、会長としてサイン致しました。
 
この宣言には強制力はありませんが、今後の日本におけるオゾン療法にとって、大きな礎となるプロトコールだと考えています。
当研究会の先生のみならず、日本国内でオゾン療法を行っている先生達にも参考にしていただければ幸いです。
 
 
日本酸化療法医学会  会長 渡井 健男
※最終ページに、当会の参画が記載されています。

 AEPROMO の公式ホームページに、当会が提供した和文が掲載されています。


 
 

お問い合わせ


各種お問い合わせは、以下のメールにて受け付けております。


  

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...