飽和水素水点滴療法について

1.水素の化学的特性、臨床的な効果等

2.飽和水素水点滴療法 全国施設一覧

 

水素の化学的特性、臨床的な効果等


■水素の特性
1,常温常圧では、無色無臭の気体でとても軽く、燃焼・爆発しやすい
2,水素は極めて小さい。水素原子の大きさは約0.1nm(1)。水素分子1個の大きさは2.6 ~ 2.8 nm(2)(3)
3,強い還元力をもつ水素は、数ある抗酸化物質の中で強い還元力を有する
4,ヒドロキシラジカルの無害化

(1)広島大学名誉教授 塩谷優 氏 (2)工学院大学 工学部 環境化学工学科 エネルギー化学工学研究室、株式会社水素エネルギー研究所 (3)関西ガスケット工業会 会長 久野博 氏

 

■水素治療の医学的な主な作用
・抗酸化作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用
・DNA修復作用
・細胞膜修復作用によるホルモン感受性の改善
・組織修復作用
・神経細胞保護作用
・脂質代謝改善作用
・耐糖能改善作用
・動脈硬化の発症抑制作用
・パーキンソン病の症状改善作用など、多くの大学や研究所で報告されている。


■水素治療の適応疾患、効果が期待される疾患
・脳神経疾患・・・アルツハイマー、パーキンソン病、脳梗塞、脳梗塞後遺症
・循環器疾患・・・心筋梗塞、動脈硬化、閉塞性動脈硬化症、バージャー病
・骨関節疾患・・・変形性関節症、関節リウマチ、肩こり、腰痛
・代謝性疾患・・・糖尿病、メタボリックシンドローム、肥満
・肝疾患・・・・・・・アルコール性肝炎、B型肝炎、C型肝炎、脂肪肝
・炎症性疾患・・・リウマチ、潰瘍性大腸炎等の炎症性疾患、糖原病、
その他の自己免疫性疾患
・その他・・・・・・・がん、肺線維症、COPD(慢性閉塞性)、アレルギー性疾患、
心肺停止からの蘇生、透析障害、アンチエイジング等

最近では血管の内皮細胞に注目されており,この内皮細胞が活性酸素によって攻撃されると動脈硬化やがんなどの危険性が高まると言われている。
水素を用いた点滴治療で血管内皮細胞に水素を送り込むと,内皮細胞にある活性酸素が水素と反応し活性酸素が水に変わって尿として排泄される。
このようにして水素を用いた点滴治療は、直接血管内皮に働きかけよって、健康の維持に役立つ考えられる。


■飽和水素水点滴療法による自覚症状の改善報告例
・喘息の発作が出にくくなった
・アトピー症状が減少した
・慢性関節リウマチの関節痛が軽減した
・眠れるようになった⇒すっきり起きられるようになった
・視野がはっきりした
・肌が綺麗になった
・持久力がついた
・体温が上がった
・手足が温かくなった


■飽和水素水点滴療法
完全に密閉された容器内で注射薬などの生体適応液に水素を付加し、水素飽和濃度の点滴液を投与する治療法
常温常圧における水素の飽和濃度は約1.6ppmである。優れた抗酸化作用を持つ水素を直接体内に導入でき、多くの疾患に高い効果が期待できる。
【報告されている有効な作用】
抗酸化作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、ミトコンドリア活性


■飽和水素水点滴療法の臨床応用
がんや動脈効果を来す生活習慣病、肝疾患等の活性酸素の関与が疑われる疾患の方に飽和水素水点滴療法を始めとする水素治療を積極的に行い、臨床例を集積しております。


■水素の医学研究報告と臨床検査報告
・水素水により動脈硬化が抑制された
学術雑誌名:Biochem. Biophys. Res. Commun., 377(2008), p1195-1198
表題:Consumption of hydrogen water prevents atherosclerosis in apolipoprotein E knockout mice(水素水はアポリポ蛋白Eノックアウトマウスで発症する動脈硬化を防ぐ)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006291X08021219 

http://www.nanobubble.cn/wp-content/uploads/2014/09/2%E6%B0%A2%E6%B0%B4%E9%A2%84%E9%98%B2%E5%8A%A8%E8%84%89%E7%A1%AC%E5%8C%96%E7%A0%94%E7%A9%B6.pdf 

・認知機能の低下予防作用
学術雑誌名:Neuropsychopharmacology,(2008), 1-8(電子版)
表題:Consumption of Molecular Hydrogen Prevents the Stress-Induced Impairments in Hippocampus-Dependent Learning Tasks during Chronic Physical Restraint in Mice(分子水素摂取がマウスの慢性的身体拘束によって誘発される海馬依存性の学習能の障害を予防する)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18563058 

http://www.nature.com/npp/journal/v34/n2/full/npp200895a.html 

・塩分感受性ラットの老化による心臓・腎臓障害を改善
学術雑誌名:Med. Gas Res. 2013, 3:26
表題:Amerioration of cardio-renal injury with aging in dahal salt-sennsitive
Rats by H2-enriched electroryzed water(水素豊富電解水は塩分感受性ラットの老化による心臓・腎臓傷害を改善する)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24289332 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3866609/ 

・腸内細菌由来の水素は肝炎を防御する
学術雑誌名:Biochem. Biophysi. Res. Commn., 386(2009), 316-321
表題:Hydrogen from intestinal bacteria is protective for Concanavalin-A induced hepatitis. (腸内細菌由来の水素はコンカナバリン-Aで誘発される肝炎を防御する)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19523450 

https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0006-291X(09)01161-9 

・分子状水素の抗炎症作用:寄生虫で誘起した肝炎に関する研究
学術雑誌名:Life Sci. 324(2001) p729-714
表題:Anti-inflammatory properties of molecular hydrogen: Investigation on parasite-induced liver inflammation(分子状水素の抗炎症作用:寄生虫で誘起した肝炎に関する研究)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11510417 

・水素投与により、リウマチ患者の疾患活動性が減少
学術雑誌名:Med. Gas Res.2012, 2:27
表題:Consumption of water containing a high concentration of molecular hydrogen reduces oxidative stress and disease activity in patients with rheumatoid arthritis: an open-label pilot study(高濃度分子水素含有水投与によりリューマチ患者の酸化ストレスと疾患活動性が減少する:非盲検試験)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23031079 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3563451/ 

・水素豊富水のミトコンドリア性及び炎症性筋疾患に対する臨床効果
学術雑誌名:Medical Gas Res., 2011, 1:24 doi:10.1186/2045-9912-1-24
表題:Open-label trial and randomized, double-blind, placebo-controlled, crossover trial of hydrogen-enriched water for mitochondrial and inflammatory myopathies(水素豊富水のミトコンドリア性及び炎症性筋疾患に対する臨床効果を非盲検試験及び無作為二重盲検試験をプラセボと対照としてクロスオーバー試験により実施)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22146674 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3231939/ 

・分子状水素は酸化ストレスを抑制して、ミトコンドリア病を改善
学術雑誌名:Biochim. Biophys. Acta, doi:10.1016/j.bbagen.2011.05.006
表題:Molecular hydrogen is a novel antioxidant to efficiently reduce oxidative stress with potential for the improvement of mitochondrial diseases(分子水素は酸化ストレスを効率的に抑制する新たな抗酸化剤としてミトコンドリア病を改善する)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21621588 

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0304416511001103 

・急性脳梗塞患者に対する水素豊富水の静脈内投与の安全性
学術雑誌名:Med. Gas Res. 2013, 3:13
表題:Safety of intravenous administration of hydrogen-enriched fluid in patients with acute cerebral ischemia: initial clinical studies
(急性脳梗塞患者に対する水素豊富水の静脈内投与の安全性:初期臨床試験)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23799921 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3694409/ 

・放射線治療の副作用を予防
論文掲載雑誌名:Medical Gas Research 2011, 1:11  doi:10.1186/2045-9912-1-11
表題:Effects of Drinking Hydrogen-Rich Water for Quality of Life of the Patients with Radiotherapy for Liver(ドクター・水素水の飲水により放射線治療をしたガン患者の副作用が軽減)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22146004 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3231938/ 

・メタボリック患者のコレステロール代謝を改善
学術雑誌名:J. Lipid Res. 2013 Apr 22.
表題:Hydrogen-rich water decreases serum low-density lipoprotein cholesterol levels and improves high-density lipoprotein function in patients with potential metabolic syndrome(水素豊富水は潜在的なメタボリックシンドローム患者の血清LDL(悪玉コレステロール)を低下し、HDL(善玉コレステロール)機能を改善する)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23610159 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3679390/ 

・AGEs(糖化産物)生成が抑制される
学術雑誌名:Med. Gas Res. 9 July 2012
表題:Hydrogen-rich water inhibits glucose and α,β-dicarbonyl
compounds-induced reactive oxygen species production in the SHR.Cg-Leprcp/NDmcr rat kidney(腎臓における糖とその代謝物に由来する酸化ストレスに対する水素豊富水による抑制効果)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22776773 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3444324/ 

その他
・白内障の改善
・1回換気量の増加(肺)
・尿中の8-OHdG(DNAの酸化劣化損傷マーカー)が低下
・血圧が低下(降圧剤の量が減った)など


■水素治療の現状 最新情報

心肺停止後の水素吸入療法が、厚生労働省の先進医療Bとして承認
該当ページ
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan03.html 
先進医療技術名:水素ガス吸入療法
適応症:心肺停止後症候群(院外における心肺停止後に院外又は救急外来において自己心拍が再開し、かつ、心原性心停止が確定されるものに限る。)
技術の概要:成人院外心停止後患者のうち、自己心拍再開後も昏睡が持続する患者を対象とし、集中治療室で18時間2%水素添加酸素を人工呼吸器下に吸入する。
この間、ガイドラインに準拠した集中治療を行う。
主要評価項目は90日後神経転帰良好の割合とし、副次的評価項目は90日生存率、生存期間、 modified Rankin Scale(mRS),GCS,およびMini-MentalState Exam (MMSE)とする。


■水素濃度の測定について

水素治療において、どれくらいの分子状水素が溶存しているか測定することは重要である。水素の測定については、ガスクロマトグラフィーや水素電極方式など様々な方法があるが、水素電極方式を採用している。
ガスクロマトグラフィーが最も正確な方法であるが、医療機関で測定することにおいては現実的ではないため、当会としては溶存水素ガスを定量的に測定可能な水素電極方針を用いている。


■水素濃度と酸化還元電位

酸化還元電位は、電位差を測っているだけで、溶液中の特定の物質を測定するものではない。そのため、必ずしも水素濃度(量)を示すものではない。
「還元値が高い=水素濃度が高い」というわけではない。


■今後の水素治療の課題と展望

各疾患において飽和水素水点滴療法をはじめとする、水素治療をどのように使用するのが有効なのか、当医学会にて、臨床データを集積する必要がある。
特に、抗がん剤、放射線療法を受けているがん患者の副作用の軽減や、再発予防効果が見込まれるため、がん治療を行っている臨床医の協力が望まれる。

飽和水素点滴療法による当会の臨床データ





最終更新日:2017年3月24日

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...